補助金・助成金情報

補助金・助成金情報

事前のご確認及びご注意事項

「補助金・助成金を活用した自動販売機の導入について」を、お問い合わせ前に必ずお読みください。

  • ①自動販売機JPでは、「補助金・助成金の書類作成などの申請代行はしておりません」のでご了承ください。
  • ②各「補助金・助成金」は受付期間の終了、事業の終了、急な内容変更など、ございますので、詳しくはお問合せください。
  • ③「補助金・助成金」は審査があり、申請すれば必ず受けられるものではございません。
  • ④「補助金・助成金」は自動販売機の導入に付随するサービスではございません。また申請ページでもございません。
  • ⑤「補助金・助成金を使った自動販売機の導入の流れ」をご用意していますので、ご参考ください。

補助金・助成金を活用した自動販売機導入情報の目次

補助金・助成金で自動販売機を導入検討しているお客様へ

補助金・助成金で自動販売機を導入検討しているお客様へ

国や市町村、自治体、商工会議所などから補助金・助成金の情報が数多く出されています。その補助金・助成金を利用して自動販売機を導入したいお客様に対し、自動販売機JPでは本ページに情報の一覧を掲載し自動販売機購入をサポートさせて頂きます。
自販機の購入に際し、補助金・助成金が対象になっているか、期限が過ぎていないかなどお客様のご質問や疑問にお答えいたしますので、お気軽にお問合せください。(弊社がお客様に代わり申請を代行することや自販機購入に該当しない補助金・助成金については、対応出来かねますので予めご了承ください。)

  

主な補助金・助成金の一覧

特徴2 物販対応の自販機導入で院内のサービスが向上

補助金・助成金はさまざまですが、それぞれ対象や業種・業態、補助額・補助率や募集期間が決まっています。また同じ助成金や補助金でも公募が行われるたびに、内容や対象に細かな変更も行われています。その中で、自動販売機の導入に適した補助金・助成金や比較的、自動販売機の導入例の多い、助成金や補助金を紹介いたします(2022年7月現在)。また参考として、各地域(市町村、自治体)の補助金・助成金についても簡単に紹介していますので、併せてご参考ください。

業態転換等支援事業(農林水産省補助金)

業態転換等支援事業(農林水産省補助金)

業態転換等支援事業とは

新型コロナウイルスの影響により経営環境が悪化した飲食店が、今後の事業継続及び需要の喚起のために行う、業態転換等(新メニュー開発、感染防止策の強化を前提とした提供方法の見直し、テイクアウト・デリバリー等)の取組を支援します。
引用 業態転換等支援事業|農林水産省

業態転換等支援事業とは農林水産省の補助金です。紹介する中で一番新しい補助金です。飲食店(外食産業)が対象となっており、かつ補助対象例の中に自動販売機の例が謳われています。

事業再構築補助金

事業再構築補助金

事業再構築補助金とは

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要です。そのため、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金(一般型)とは

本補助金事業は、小規模事業者自らが作成した持続的な経営に向けた経営計画に基づく、地道な販路開拓等の取組(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等と併せて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金とは

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

各地域の補助金・助成金

各地域の補助金・助成金

各地域の補助金・助成金について

補助金・助成金・支援金をさがす|補助金ポータル

補助金・助成金のポータルサイト内のコンテンツです。検索条件(地域、利用目的、キーワード)を入力することで検索できます。

新型コロナウイルスに関する地域の補助金・助成金・融資の情報|J-Net21

補助金・助成金・融資の情報を地域ごとにまとめています。

補助金・助成金を使った自動販売機の導入の流れ

補助金・助成金を使った自動販売機の導入の流れを、補助金・助成金の対応を踏まえながら、「お問い合わせ」から、「運用開始」までの流れを分かりやすく解説いたします。

  1. ①HPや資料で自販機を検討
    このページの下記にあるお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
  2. ②相談・確認・アドバイス
    Webやご訪問での打ち合わせのアポイントをお聞きし、どういった事業をやられるかなど、詳細をお伺いいたします。
  3. ③自動販売機の機種の決定
    お客様のご希望や扱う商品から、適切な自動販売機をご提案いたします。
  4. ④搬出テスト(自動販売機JP)
    自動販売機JPに実際に販売する商品を送っていただき搬出テストを行います。搬出テストの費用はかかりません。またテスト品の返送をご希望の場合、郵送費はお客様の負担ですのでご注意ください。
  5. ⑤各補助金・助成金の相談窓口に相談、申請(お客様)
    自動販売機JPからは見積書とパンフレットをお送りいたします。お客様は上記をお持ちいただいて、各補助金・助成金の相談窓口へ相談していただき、申請の手続きを行ってください。
  6. ⑥採択
    申請したのち、採択が決定しましたら、自動販売機JPにご連絡ください※。自動販売機の在庫の確認と購入の準備をいたします。購入は採択通知書が必要な場合がありますので、購入のタイミングは事前に補助金の事務局へお問合せください。
    ※補助金によっては遡って申請できる場合もございます。詳細は補助金事務局へお問い合わせください。
  7. ⑦採択通知書、購入手続き
    採択後、ご注文手続きです。また補助金の事務局で採択通知書が必要と言われた時は通知書が届いたタイミングでご購入の手続きに進みます。
  8. ⑧売買契約書
    自動販売機JPから売買契約書を発送しますので、各補助金・助成金の必要書類と合わせて売買契約書を当該窓口へご提出お願いいたします。
  9. ⑨自販機デザインのご提案と内容決定
    ラッピングご希望の方は自販機のデザインのご提案を行い、内容を決定させて頂きます。
  10. ⑩設置場所やあ設置日程の調整
    自動販売機の設置場所や設定日程の調整を行います。
  11. ⑪納品、設置と取扱い説明
    自動販売機の設置と取り扱いの説明を行わせて頂きます。
  12. ⑫運用開始
    いよいよ自動販売機の運用開始です。
  

補助金・助成金の導入例

過去の採択案件から、補助金・助成金での自動販売機導入の例を各ケースごとにご紹介いたします。

事例1 冷凍惣菜パンを製造しテイクアウト及び自動販売機による販売事業

事例1 冷凍惣菜パンを製造しテイクアウト及び自動販売機による販売事業
冷凍餃子の製造工場を建設し、そこで障がい者支援施設と連携し障がい者の方に就業してもらい、人気ラーメン店によるレシピによる美味しい餃子を開発・製造して、無人販売所を出店と冷凍餃子の販売を行います。

事業再構築補助金で自動販売機を導入した事例です。「餃子の製造工場を建設し」「美味しい餃子の開発と、障がい者支援施設と連携(障がい者の方が就業)して餃子を製造」、さらに「無人販売所を作り、冷凍自動販売機で餃子を販売」として応募(第3回公募)し採択が決まったケースです。事業再構築補助金の中の新分野展開、業態転換、事業転換にあたります。

事例2 新ジャンルスイーツによるブランディング化と非対面販売導入によるBtoC市場参入

業務用ケーキ製造販売に加え、新たに小売り事業を立ち上げる。従来から開発を続けている「新素材によるレアフローズンケーキ」を商品化し、ブランド商品として育成すると共に、オンライン販売と自動販売機を中心とした「非対面販売」による顧客接点づくりに取り組む。

事業再構築補助金で冷凍自動販売機を導入した事例です。もともとは「業務用のケーキ製造販売」を行っていましたが、新たに小売り事業として「冷凍ケーキ」の製造を行い「オンライン販売と冷凍自動販売機(ど冷えもん)による販売」を新たな事業として応募(第4回公募)し採択が決まったケースです。事業再構築補助金の中の新分野展開、事業転換、事業再編にあたります。

事例2 新ジャンルスイーツによるブランディング化と非対面販売導入によるBtoC市場参入

事例3 遊休資産を活用した冷凍餃子&ラーメン自動販売機事業

事例3 遊休資産を活用した冷凍餃子&ラーメン自動販売機事業
保有するガソリンスタンド跡地や既存事業の飲食店の空きスペースを活用して、冷凍餃子及びラーメンの自動販売機を設置します。

事業再構築補助金で冷凍自動販売機(ど冷えもん)を複数台導入した事例です。もともとは「飲食事業(他)」を行っていましたが、新たに小売り事業として「冷凍餃子およびラーメン」を「遊休資産の跡や既存事業の飲食店のスペースを販売スペース用として活用」「冷凍自動販売機(ど冷えもん)による販売」を新たな事業として応募(第4回公募)し採択が決まったケースです。事業再構築補助金の中の新分野展開、事業再編にあたります。

事例4 冷凍惣菜パンを製造しテイクアウト及び自動販売機による販売事業

冷凍惣菜パンを製造しテイクアウト及び自動販売機による販売事業

事業再構築補助金で冷凍自動販売機を導入した事例です。もともとは「とんかつ屋」さんでしたが、「冷凍惣菜パンの製造」を行い、「テイクアウトと自動販売機による販売」を新たな事業として応募(第5回公募)し採択が決まったケースです。事業再構築補助金の中の新分野展開、業態転換や、事業・業種転換にあたります。

事例4 冷凍惣菜パンを製造しテイクアウト及び自動販売機による販売事業
  

補助金・助成金で導入の事例が多い自動販売機の紹介

  

冷凍自動販売機(自販機タイプ-SD-11DVM ど冷えもん)

  • 屋外対応冷凍物販機-SD-11DVM
    • 屋外対応
    • 24時間販売
    • 無人販売
    • 冷凍対応
  • 業界初のマルチストック式で様々な商品に対応
    ストッカーの組み換えで様々な大きさや形状の商品に柔軟に対応する事が出来ます。また最大で11品目の商品を取り扱う事が出来ます(ツインストッカーの場合最大10品目)。さらに冷凍機能付きですので常時新鮮な状態で食品を販売することができます。
    自動販売機-SD-11DVMの仕様
    【取扱品目と収納数】
    11品目(ツインストッカーの場合最大10品目)
    【サイズ】
    W1030mm×H1830mm×D797mm
    屋外対応(冷凍タイプ)
  

冷蔵自動販売機(FRM10D5CZ1NM マルチ君)

  • 屋外対応飲料・食品・物販併用自動販売機-F-10AVM
    • 屋外対応
    • 24時間販売
    • 無人販売
    • 保冷・冷蔵対応
  • マルチラック搭載と冷蔵保冷機能で飲料や食品などのさまざまな商品に対応
    マルチラック搭載により1台で飲料・食品・物品の販売が可能です。さらに冷蔵保冷機能付きで、温度管理が必要な食品、飲料の他、常温での販売や雑貨類なども扱う事ができます。
    冷蔵自動販売機(FRM10D5CZ1NM マルチ君)の仕様
    【取扱品目と収納数】
    10品目 最大140個収納
    【サイズ】
    W745mm×H1830mm×D756mm
    屋外対応(保冷・冷蔵タイプ)
  

ロッカー型自動販売機―A-1000RVM

  • ファン装備で鮮度抜群な自動販売機-A-1000RVM/A-500RVM
    • 24時間販売
    • 無人販売
  • ロッカー型多目的自販機
    A-1000RVM/A-500RVM
    売りたいものがあっても24時間の運営は人の確保や人件費で簡単には出来ないですよね?ロッカー型多目的自販機はそんな方向けに専用に開発された自販機です。従来の自動販売機と異なり、ロッカー型タイプなら様々なものを売ることができます。
    自動販売機 A-1000RVM/A-500RVMの仕様
    【取扱品目】
    20品目
    【サイズ】
    W1000mm×H1800mm×D460mm
    【使用硬貨】
    500円、100円、50円、10円
    【使用紙幣】
    1,000紙幣(A-1000RVMのみ)

他社との違い

多彩な購入方法と導入方法

  • 自動販売機を購入時に様々な購入方法、お支払回数を選べます。
  • 自動販売機JPは、お客様のご要望に合わせて多彩な購入方法と導入方法がございます。
    リース クレジット レンタル クレジットカード、現金の多彩なご利用方法をご用意しております。お支払期間は1回払いから72回払いまで選択可能です。
    詳細は自動販売機JPまでお気軽にお問合せ下さい。

圧倒的な商品ラインナップ

  • 自動販売機JPの圧倒的な商品ラインナップ
  • 温度管理が必要な食品(保冷・冷蔵【冷蔵はF-26AVM】)や飲料が扱えるコンビニタイプの自販機や、雑貨類、アメニティが扱える自販機、カウンターやテーブルに置ける省スペース型の小型自販機やトレカや金券、駐車場の各種チケット販売用の自販機や無電源型の自販機まで、とにかく幅広い、圧倒的なラインアップでお客様の様々なニーズにお応えいたします。

安心のアフターサービス

  • 自動販売機JPなら安心のアフターサービス
  • 営業エリアは北海道、東北から東京、大阪、九州、沖縄まで全国。自動販売機の販売専門店なので導入前のご提案から、導入時のサポート、アドバイスの他、導入後のメンテナンス、修理も行っています。またメンテナンスはコールセンターと部品センターにて全国サポート365日のサポートなので安心です。年間の保守契約プランもあります。

私たちの想い

お客様の成功へのお手伝いを

  • 代表取締役社長 阿部 章
  • このたびは、当ホームページをご覧下さり、誠にありがとうございます。私たちがご提供しているのは、自動販売機という商品ではありません。私たちがご提供しているのは、お客様の事業の成功の為の手段です。私たちの一番の目的はお客様の事業の成功です。その想いを形にしたのが当社の商品サービスです。自動販売機を使った店舗運営サポート業として、お客様のご成功に必要な商品サービスや対応、情報提供、想いでお手伝いさせていただいております。
    代表取締役社長 阿部 章

お客様にとって最大限サポートを

  • インキュベーション事業部(営業) 塩野
  • インキュベーション事業部(営業)の塩野です。数ある自動販売機のHPの中から弊社HPをご覧いただきありがとうございます。
    様々な多くの自動販売機の中からお客様にとってベストな自動販売機をご提案させて頂き、お客様の店舗や会社様にお役に立てるよう最大限サポートさせて頂きます。
    そして弊社ではただ自動販売機を導入するだけではなく、お客様の事業計画をお聞きしてお困りごとを一緒に解決手段を考えていける存在にもなりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
    インキュベーション事業部(営業) 塩野

私達が皆様のサポートをします!

  • カスタマーサポート事業部 大槻・戸塚
  • カスタマーサポート事業部の戸塚と大槻です。自動販売機の導入前の段取りから設置まで私たちカスタマーサポート事業部が担当させて頂いております。お客様の自動販売機一台一台を心を込めて出荷準備とメンテナンスやお客様のアフター対応をさせて頂いております。自動販売機の導入時が一番緊張する時ですが、何よりも設置した際にお客様の喜びや笑顔を見る事が嬉しく、それが一番の喜びでもあり、やりがいに繋がっています。これからも一所懸命にお客様のサポートをさせて頂きます。カスタマーサポート事業部 戸塚・大槻

補助金・助成金情報へのお問合せ

お問い合わせ種別 必須
契約区分 必須
法人・団体名 必須
お名前 必須
フリガナ 必須
郵便番号 必須
※半角数字ハイフン無し
住所1:都道府県 必須
住所2:市町村以下 必須
電話番号 必須
※半角数字 ハイフンなし
メールアドレス 必須
店舗業態 必須
販売する商品 必須
設置場所 必須
導入時期(目安) 必須
※ご納品にはご契約締結から1ヶ月~1ヶ月半以上いただいております。
お支払い方法 必須
※新品のみのご案内となります。中古品は取扱いございません。
お問い合わせ内容 必須
個人情報の取扱いについて 必須
  1. 当社の個人情報保護方針に沿ってお客様の個人情報をお取り扱いしています。 詳しくは「プライバシーポリシー」をご確認ください。